【アドセンス狩り】対策と実際に被害にあった時の対処法

こんにちは、なる(@naru_mc0710)です。

実は先日、恐怖のアドセンス狩りの被害に合いました。その時の状況とどのような対策をとっていたのか、また、被害後の対処法についてご報告します。

「まさか自分が」という思いでしたが、ブロガーのみなさまが「せっかく苦労して合格したアドセンス」を守るために、今できることをお伝えできればと思います!

・最近アドセンスに合格した
・SNSなどでも集客をしており、目立つことがあるので対策をしたい
・実際に被害にあった!どうすればいいか知りたい

ちなみに、アドセンス狩り前後で私がやってたこと・やったことのまとめはは以下となります。

やってたこと
今回やったこと
  • プラグインAICPの有効化
  • アドセンス収益の確認
  • アドセンスとAnalyticsの連携
  • グーグルへ報告
  • CTR確認(Analytics)
  • アドセンスショートコード化
目次

アドセンス狩りにあった時の状況

2021年3月12日にブログを開設し、その後、3月23日にアドセンスに合格。

合格してすぐに「アドセンス狩り」というものが横行していることを知りました。

そこで、何かしら対策はしておくべきだろうという思いで、アドセンス狩り対策プラグインで有名な「AdSense Invalid Click Protector」(以下AICP)を導入し、設定をしていました。

目が点な恐竜

まあ、そんなにSNSのフォロワーも多くないし、対策プラグインもいれてるし、これで大丈夫かな〜

と、お気楽にブログを楽しんでいました。

そんなおり、アドセンスの収益が4桁を達成したので、嬉しくて下記のツイートをしました。

私は当時フォロワーさんは450名ほどでしたので、ブロガー界では特別多い数字ではないと思いますが、優しいフォロワーさんがたくさんいいねやリプをくれました。

その晩、アドセンスの収益レポートをふとのぞいてみると、なんとたった数時間で1日の収益が4桁越え!こんなことはPV数の観点からもまずありえないので、「あ、こりゃやられたな」というのが最初の印象でした。

詳しくレポートをみていくと、普段はあっても1クリック程度ですが、この日はなんと11クリック。すぐにアドセンス狩りを疑い、対処をすることにしました。

時系列的にはこんな感じです。

4/16 12:00 収益4桁ツイート
4/16 18:00 不正クリック(9回)発見:収益にも反映されていた
4/16 20:00 グーグルへ「無効クリックの報告」

4/21 13:00 不正クリック(9回)発見:収益にも反映されていた
4/21 15:00 グーグルへ「無効クリックの報告」
4/21 現在  広告停止・不正クリック分の収益無効化など特にお咎めなし

アドセンス狩りにあうまでにやっていたこと

アドセンス狩りにあうまでも、弱小ブログながら警戒はしていました。

  • プラグインAICPの有効化(数値はデフォルトのまま)
  • アドセンス収益を毎日確認
  • アドセンスとアナリティクスの連携

しかし、実際にアドセンス狩りにあい、どれも対策が不十分だったことに気づきました。

プラグインAICPの有効化だけでは完全に防げない

アドセンス狩り対策として有名なプラグイン「AdSense Invalid Click Protector」ですが、こちらは前提としてモバイルからの不正クリックを防ぐことはできません

また、今回私が被害にあったのは、なんと「デスクトップ」からの攻撃でした。

アドセンスレポート>コンテンツプラットフォーム>該当日の設定>クリック数が多いプラットフォームは?

つまり、モバイルは完全に防げないし、デスクトップでもなんらかの抜け道があり、プラグインを入れていても不正クリックが可能という絶望の現実です。

さらにプラグインを有効化しただけではうまく機能されていないことも判明しました。少し面倒ではありますが後述する、アドセンスのショートコード化までやっておくべきでしょう。

アドセンス収益の確認だけを行なっていた

これはしていてよかったことでもありますが、読み取るべき情報は収益だけではありませんでした。

アドセンスページにログイン後、レポート>クリック数の項目にて、異常なクリック数が発生していないかも1日に2回程度見ておくべきだよ思います。

また、普段から、自分のブログのページCTR(クリック率)がどの程度なのかを把握しておきましょう。私の場合は、0.3%程度でした。

アドセンス狩りにあってから対処したこと

グーグルへ無効クリックの報告を行う

複数回クリックしたのは自分ではないことを証明するために、グーグルへ無効クリックの報告を行いました。

報告は、無効なクリックの連絡フォーム から行うことができます。

※報告をしても特に返事が返ってくることはありませんので、返事がなくてもご安心ください。

以下、実際に記載した内容です。

※サイト運営者IDは下記のように確認ができます。
アカウント>パブリッシャーID(pubから始まる数字)

無効報告フォーム続き

【記入例①

ここでは、無効クリックが疑われる理由を書き示します。文体は特に決まりはありませんが、以下は私が実際に記入した文章です。

普段であれば ○% 台のページ CTR が ○% 台となっており、クリック数も異常な状態であるるのを発見しました。ご確認のほどよろしくお願いします。

【記入例②】

不正の操作であるという根拠をデータなどで示すことができれば記入します。IPアドレスがわかればいいですが、私は特に追跡などできるツールは入れてませんでしたので記入していません。

しかし、アナリティクスとアドセンスを連携していましたので、ページCTRの%やクリック数が普段より多いことを示すことができる画面をスクリーンショットし、グーグルドライブに保存し、共有できるURLを記入しました。

・ページCTRが異常な状態であるデータ
https://drive・・・・(グーグルドライブの共有URL)
・クリック数が異常な状態であるデータ
https://drive・・・・(グーグルドライブの共有URL)

✔︎アナリティクスでのページCTRの確認方法

前提として、グーグルアナリティクスとアドセンスを連携させていてください。

グーグルアナリティクス>ユーザ>地域>地域>Adsenseにアクセスし、日付を不正クリックがあったであろう日に設定します。

国名(Japan)をクリックするとより詳細の地域が閲覧可能です。ここで見て欲しいのは「AdSenseのCTR」という項目。

CTRとは、ページあたりのクリック率を示すものであり、私の普段のページCTRは1日の平均だと0〜1%くらいのものでしたが、ことこの日のクリック数1位(埼玉)のCTRは36%となっていました。確実に多いですよね。

このページなどで得た、「明らかに異常なクリック率」であることを、無効クリックフォームのエビデンスとして添付しますので、スクリーンショットをとって保存しておきましょう。

✔︎ グーグルドライブの共有URL取得方法

グーグルドライブに該当画像(スクリーンショット)を保存したあと、その画像をクリック→・・・をクリックし、共有をクリック

「リンクを取得」エリアをクリックするとURLが生成されますのでリンクをコピーし、報告フォームにURLを貼り付けます

この時、【リンクを知っている全員】に権限を変更しておきましょう。

アドセンスのショートコード化

先述した通り、プラグインAICPを有効化したのみでは、対策が不十分だということが判明しましたので、下記記事を参考にさせていただき、ショートコード化を行いました。

10分ほどで設定可能ですのでぜひやっておくことをオススメします。

無効なトラフィック(アドセンス狩り)対策プラグインの設定方法【Cocoon・他テーマ】

【補足】グーグル側も無効と思われるものは排除している

今回のアドセンス狩りは、クリックの回数分がアドセンス収益に反映されていたので気づきましたが、よくよく調べていると、アドセンス狩りにあった2週間前には、こんな数字がありました。

CTRが500%!?

Adsenseのページ表示回数が1に対し、広告が5回クリックされている時があり、おったまげました。

当時も毎日収益は確認していたので5回もクリックがあり、なおかつ収益に反映されていれば今回のようにさすがに異変に気づくはず。でも気づきませんでした。

なぜかというと、グーグル側がこれは明らかに無効(不正)だと判断し、収益に反映されなかったからです。

このように収益に反映されていないため気づけないうちに、アドセンスを剥奪される危機があると思うとゾッとしました。

このような異常を見つけた場合、収益に反映されていなくとも、先述した無効クリックの報告を行っておくと安心だと思います。

まとめ

アドセンス狩りはどんなに対策を講じていても、万全な状態はないことが残念ながらわかりました。

今できる対策として、

  • AICPプラグインの導入、ショートコード化
  • SNSで過度な露出をしない
  • 毎日アドセンスやアナリティクスのレポートをみて異常がないか確認
  • 異常がみられた場合はすぐに報告

以上のことをできるだけ取り入れ、自分の大事なブログを守ることに徹しましょう。

よかったらポチッとお願いします♩

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる