【Amazonプライムビデオ】恐竜好きの子供がどハマりした映画・動画7選

恐竜好きの息子・娘さんを持つ親御さんはこんな悩みを抱えてませんか?

ショックな恐竜

Youtubeで恐竜関連の動画を見せてるけど、あんまり教育的に良くなさそうだな?と疑問になる動画ばかり・・。

素人が作ったような恐竜のおもちゃでただひたすら遊ぶ動画。

内容や学ぶべきことが何もない動画。

正直なところ、あまり見せたくないなーというのが本音でした。

せっかく見るなら、何かストーリー性がある動画や、知識がつく動画を見てほしい。

そんな思いでいろいろ探している中発見した、「Amazonプライムビデオ」の中にある、親も見ていて面白く、もちろん息子もかぶりついてみていた恐竜番組をご紹介します。

この記事を書いている人
恐竜好きの息子
恐竜好きになって約1年の軌跡。。
目次

Amazonプライムビデオのご紹介

Amazonプライム・ビデオとは

  • 約25,000本の動画が視聴できる定額動画配信サービス
  • Amazonプライム会員(年会費4,900円/月額500円)であれば無料で利用可能
  • 動画をダウンロードもでき、オフライン視聴が可能
  • 30日間の無料トライアル期間あり

Amazonプライム会員は、年会費4,900円で動画だけでなく、Amazonが発送する商品を即日配送してくれたり、小説・漫画・雑誌、音楽などの無料配信も行っています。

めちゃくちゃ効用高いので、まだ会員になっていない方はぜひご検討くださいね♩

\無料で30日間お試しできる/

Amazonプライムビデオで観れるおすすめの恐竜動画7選

では早速、我が息子がかぶりついてみていた恐竜動画をご紹介します♩

「大恐竜時代へGO!!(吹替版)」

大恐竜時代へGO!!

あらすじ

いつもドジなアンディは大英自然史博物館の職員。そんな彼だけが知ってる秘密は、館内の時計に隠されたタイムマシン。ミスを取り返すために、恐竜時代までタイムスリップ!?1話完結型の冒険動画。

ここがおすすめ!

1話完結型で15分程度なので子供が飽きずにみていられます。

キャッチーなオープニングのメロディと、出てくる恐竜が毎回違って特徴・大きさ・時代などを、主人公のアンディがドジをしながら、おもしろ可笑しく知ることができます。

また、恐竜映画にありがちな食って食われるシーンがない平和な動画なので小さいお子様でも楽しめますよ!

我が家では、家族全員でオープニングテーマを口ずさんでいます♩

>>大恐竜時代へGO!!(吹替版)の詳細ページ

「大恐竜時代へGO!!GO!!(吹替版)

大恐竜時代へGO!!GO!!

あらすじ

今回のアンディ恐竜時代はもちろん、3万年前の氷河期でマンモスとトレッキングしたり、海の中ではクジラの4倍もの大きさのバシロサウルスと出会い、さらには人類の祖先の類人猿とお友達に。

ここがおすすめ!

前作の「大恐竜時代へGO!!(吹替版)」と同様1話完結型。こちらは、恐竜時代だけでなく、マンモスやホモ・サピエンスなどの類人猿と出会ったりなど、時代の幅が広くなりました

個人的に、前作おなじみのドジなアンディが、助手ができるまでに出世してたり、キズモ(電子操作)で3Dスキャンしたり、時代が進んだ感を感じれて面白いです。笑

息子が大好きなのはスピノサウルスの3Dスキャンの話。これがいい!と毎回せがみます。

お気に入りの回が見つかるかも♩

>>大恐竜時代へGO!!GO!!(吹替版)の詳細ページ

「ディノ・キング 恐竜王国と炎の山の冒険(吹替版)」

ディノ・キング

あらすじ

恐竜王国で最強のタルボサウルス【パパ】と、弱虫な息子の【ジュニア】の親子物語。炎の山へ連れ去られたジュニアを探すために旅に出たパパは次々と凶悪な恐竜や巨大生物に襲われる。一方、弱虫だったジュニアはパパからいつも聞かされていた知恵と勇気を絞り、仲良くなった仲間の恐竜たちとサバイバルを繰り広げる。しかし、そんな恐竜たちの知らないところで、大地の下ではマグマが活発になり、火山大噴火を起こそうとしていた・・・

ここがおすすめ!

94分間の映画なので、小さいお子様には少し長めです。

しかし、息子が初めてみたのは3歳半ごろで、長い映画を見たことない時でしたが、なんと最後まで見ることができびっくりしました。

いろんな恐竜が登場しますし、親子の関係・仲間との助け合いなどストーリー性もバッチリです。

長いあいだ集中してみてくれるので、車で長い時間移動する時などに見てもらっています。

>>ディノ・キング 恐竜王国と炎の山の冒険(吹替版)の詳細ページ

「プラネット・ダイナソー(吹替版)」

プラネット・ダイナソー

あらすじ

はるか大昔、この地球上を支配していた恐竜たち。21世紀に入り、新たな発掘や解析技術の進歩によって、知られざる恐竜たちの様々な事実が判明する。史上最大の陸上動物と考えられているアルゼンチノサウルスや、巨大な海中の捕食者プレデターX、生き残るために進化し、奇妙で異常な発達をした恐竜たち。アフリカ大陸や南米大陸など、世界各地で発見されたそれら恐竜たちの生態を、最新の学説に基づき全編フルCGで映像化した恐竜ドキュメンタリー!

ここがおすすめ!

1話30分程度。こちらは、おふざけなしのドキュメンタリー仕様で、化石の話や恐竜の大きさ、時代背景などを説明してくれて、かなり勉強系

4歳の息子にはまだ早いかなと思いながら見せましたが、覚えるほどに真剣にみてました。

純粋に恐竜のことを詳しく知りたい子供にとって、めちゃくちゃためになる番組かなと思います。

>>プラネット・ダイナソー(吹替版)の詳細ページ

「ウォーキングwithダイナソー 太古の地球へ」

ウォーキングwithダイナソー 太古の地球へ

あらすじ

科学的考証と最新のCG技術で再現したリアルな恐竜の世界を舞台に、身体の小さな一頭の草食恐竜の子どもが、その生存を懸けて繰り広げる過酷な成長の旅路をドラマティックに描いた3Dアドベンチャー。7000万年前のアラスカ。厳しい冬の到来を前に、南へと急ぐ草食恐竜パキリノサウルスの群れ。その中に、耳に大きな穴の開いたひときわ身体の小さい一頭パッチがいた。兄弟たちとのエサの取り合いにも負けるパッチにとって、危険で非情な弱肉強食のこの世界を生き抜くことは決して容易なことではなかった。

ここがおすすめ!

約40分間のドキュメンタリー番組です。

ナレーションから始まるので「プラネットダイナソー」などのような勉強系かと思いきや、きちんとストーリー仕立てなので、小さいお子様でも楽しめる内容だと思います。

映像のクオリティが高く、大人も一緒に楽しめますよ♩

また、この「太古の地球へ」以外にも「タイムスリップ!恐竜時代」「伝説の恐竜ビッグ・アル」など他のシリーズも楽しめます。

>>ウォーキングwithダイナソー 太古の地球へ(吹替版)の詳細ページ

「ピンキッツ! 恐竜のうた」

ピンキッツ! 恐竜のうた

あらすじ

爪を立てたり、お尻を振ったり恐竜ごっこしながら楽しく恐竜の歌を歌ってみよう。今世界中で大ブームであるサメかぞく歌のオフィシャルクリエイター、ピンキッツが作った子供お気に入りの歌や物語をお楽しみください。

ここがおすすめ!

短い歌がたくさん収録されています。

youtubeにも同様の動画がありますが、Amazonプライム・ビデオならダウンロードしてオフラインで楽しめるのでおすすめ。

より小さいお子様向けにはなりますが、頭から離れないメロディーについつい口ずさんでしまいますよ♩

>>ピンキッツ 恐竜のうたの詳細ページ

「ジュラシック・パーク(吹替版)」

ジュラシック・パーク

あらすじ

世界的大ヒットを記録した「ジュラシック・パーク」シリーズの第一弾作品。絶滅した太古の恐竜たちを最新の遺伝子工学によって蘇らせた究極のアミューズメントパークで巻き起こるパニックを描く。

ここがおすすめ!

126分の映画。

世界的に有名かつユニバーサルスタジオジャパンでもその世界観が再現されているので、とっつきやすいかとは思いますが、結構ハードなシーンが多いのも事実です。

4歳の息子は「怖いのは嫌だ」と言っていましたが、結局最初から最後まで見ていました。

お子様に過激なシーンを見せたくないご家庭は注意が必要ですが、リアルなCGで恐竜が描かれているので、おすすめですよ。

>>ジュラシック・パーク(吹替版)の詳細ページ

我が家は動画をダウンロードして車で見ることが多い

子供がチャイルドシートに乗ってくれない問題に直面した時がありました。

タブレットとヘッドレストアームを購入して、「Amazonプライム・ビデオ」で上記の動画をダウンロード。

オフラインで視聴でき、おとなしく座ってくれるようになって、めちゃくちゃ助かりました。

まとめ:恐竜動画は勉強にもなるしおすすめ!

Youtubeでずっと関連動画を見ていると正直親の方が気が滅入りますよね。

大好きな恐竜をより深く「知識」として知ることができる作品ばかりなので、ぜひお子様と一緒に見て、楽しんでみてくださいね♩

Amazonプライム・ビデオは30日間の無料体験があるので、一度ぜひお試しください!

習い事を検索するなら、コドモブースターがめちゃくちゃ便利!
今なら習い事を無料体験してアンケートに答えるだけでAmazonギフト券2,000円プレゼントキャンペーンも!
詳しくは「【2021年10月最新】コドモブースターで習い事無料体験するだけで2,000円もらえるキャンペーン!」で解説中♩

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる