anonebaby(アノネベビー)口コミ・レビュー|実際に日焼け止めトータルアウトドアUV使ってみた

anonebaby日焼け止め

「赤ちゃんの肌に安心して使える日焼け止めが知りたい」という親心で、この記事にたどり着いてくださったことと思います。

本記事では、anonebaby(アノネベビー)トータルアウトドアUVを実際に使ってみたレビューや、使用者の口コミをまとめました。

気になるテクスチャなど分かりやすく画像をたくさん使ってお伝えするのでぜひ最後まで読んでみてくださいね♩

目次

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めの特徴

anonebaby(アノネベビー)は、hagukumi+のベビー用スキンケアラインです。

肌に優しく、でも大気汚染や紫外線からしっかり守ってくれるような商品を販売しています。

anonebaby(アノネベビー)日焼け止めの概要

anonebaby日焼け止め
原産国日本
原材料水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウリン酸メチルヘプチル、酸化チタン、酸化亜鉛、プロパンジオール、シリカ、グリセリン、スクワラン、ステアリン酸ポリグリセリル-2、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水酸化Al、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、イソステアリン酸、ラウリン酸ポリグリセリル-10、メンタンジオール、オクチルドデカノール、ポリヒドロキシステアリン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、α-グルカンオリゴサッカリド、ホホバエステル、キサンタンガム、ラベンダー油、ステアロイルグルタミン酸Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、カプリルヒドロキサム酸、BG、グリチルリチン酸2K、コメ発酵液、マルトデキストリン、コメ胚芽油、ハッカ葉油、エンテロコッカスフェカリス、ユーカリシトリオドラ油、ワサビノキ種子エキス、ヨモギ葉エキス、オウゴン根エキス、カエサルピニアスピノサ莢エキス、加水分解コメヌカエキス、ソメイヨシノ葉エキス、サガラメエキス、ヒマワリ芽エキス、チャ葉エキス、加水分解ハトムギ種子、安息香酸Na
内容量50g

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めは、1本で紫外線や虫除け、乾燥、大気の汚れから赤ちゃんを守ってくれるトータルアウトドアUVです。

もちろんお湯落ちもOKなので、赤ちゃんに安心して使用できますね。

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めの価格

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めの価格プランはこちら。

日焼け止め
1本通常価格
日焼け止め
3本セット
2,618円(税込)
送料270円

2,888円(税込)
1,980円(税込)×3個
送料無料

5,940円(税込)

単品だと1本あたり2,888円(税込)かかってしまいますが、3本セットだと1本あたり1,980円(税込)で購入できます。

約2本分の値段で3本買えるので、3本セットは兄弟で使いたい方や、外に出るスポーツなどをしているお子さんにおすすめです。

はしゃぐ恐竜

うちもキャンプによく行くから日焼け止めは必須!

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めの口コミ

アノネベビーの日焼け止めの口コミをSNSで探してみました。

安心して使える

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めは、赤ちゃんの肌に悪いとされている紫外線吸収材やディートを使っておらず、99%天然由来でできているので安心です。

リピ決定

リピ決定!という口コミも。

紫外線は1年中気になるのでお気に入りのものが見つかると安心ですよね。

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止め使用レビュー

anonebabyの日焼け止めを実際に外出の際に使ってみたので、レビューをしていきます!

anonebaby日焼け止め

まずは実際に使って感じたデメリット・メリットを紹介します。

メリット
デメリット
  • サイズ感・形状が使いやすい
  • 紫外線吸収剤が入っていない
  • 白浮きしにくい
  • 匂いがキツくない
  • 液がたれないので塗りやすい
  • 伸びが少し悪い
  • 価格が高い

実際に使って感じたデメリット

実際にanonebabyの日焼け止めを使ってみて感じたデメリットは2つです。

  • 伸びが少し悪い
  • 価格が高い

伸びが少し悪い

anonebabyの日焼け止めのテクスチャはさらっとしていない(=化粧下地くらいの硬さ)ので、すごく良く伸びるという感覚はありません。

ですが、普段お風呂上がりのローションを塗るようなイメージでぬれるので、伸びが悪いことに対して特別不便には感じませんでした。

価格が高い

ドラックストアなどで売られている赤ちゃん用の日焼け止めは1,000円以下のものが多いので、1本2,888円はかなり高額に見えると思います。(私も高額だと思います)

ただ、赤ちゃんに使うものなので、紫外線吸収剤が使われていないなど、目に見えないところも考慮されているものを使いたいのが親心ですよね。

低年齢のうちだけ(主に使うのは夏場ですし)購入して、大きくなったらドラックストアで使えるものを使う、という風にすればそんなに価格は気にならないかなと思います。

実際に使って感じたメリット

実際にanonebabyの日焼け止めを使ってみて感じたメリットは4つです。

  • サイズ感・形状が使いやすい
  • 白浮きしにくい
  • 匂いがきつくない
  • 液が垂れないので塗りやすい

サイズ感・形状が使いやすい

anonebaby日焼け止め

日焼け止めなのに蓋が開けやすいのは本当に助かります。(日焼け止めってなぜかくるくる回すタイプの蓋が多い印象)

子供や赤ちゃんにさっと塗ってあげられるので手間なく塗ることができますよ。

紫外線吸収剤が入っていない

anonebabyの日焼け止めは「紫外線吸収剤」が入っていません。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、化学反応によって熱などのエネルギーに変換することで、紫外線が皮膚まで到達するのを防ぐ働きを持つ化学物質のことです。

白浮きせず、きしみ感や粉っぽさがないので、多くの日焼け止め製品に使われます。ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系などがあり、人によっては刺激に感じる成分があります。

日焼け止めでよく見る紫外線吸収剤ってお肌に悪いの? わたしの名医より引用

大人の日焼け止めにはこの紫外線吸収剤が含まれているものが多いです。

ですので、肌が弱い赤ちゃんには大人用の日焼け止めは使わない方がベター。

anonebabyなら紫外線吸収剤だけでなく、成分も99%天然由来成分で安心して使うことができます。

白浮きしにくい

anonebaby
塗ってみたよ

日焼け止めって白浮きしやすくてムラができるイメージですが、anonebabyは比較的白浮きしにくいなという印象です。

塗りやすいのも一つの要因です。

匂いがきつくない

anonebabyは日焼け止めかつ虫除けの効果もあります。

虫除け特有の匂いはしますが、そこまでキツくないので小さいお子さんも嫌がらずに使えると思います♩

液が垂れないので塗りやすい

anonebaby

anonebabyの日焼け止めは、赤ちゃんのミルクローションのように少し硬めのテクスチャなので、大人用の水っぽい日焼け止めとはまた違う感触。

これがめちゃくちゃありがたくて。

液体がたれにくいので動き回る子供に塗りやすいのなんの!

その代わり少し伸びにくいですが、たれないので落ち着いてちゃんとぬれるので逆に綺麗に塗れるという嬉しい誤算。

anonebaby(アノネベビー)はどこで購入できる?最安値は?

anonebaby(アノネベビー)は、薬局・ドラッグストア・コンビニ・スーパーなどの店舗では販売されていません。

ネットの公式サイトで購入することをおすすめします。(赤ちゃんに使うものなので、フリマサイトは安くてもおすすめしません。)

1本分の値段比較

公式サイト1,980円(送料無料)
※3本セットの場合
楽天市場2,618円(送料無料)
Amazon2,618円(送料無料)

公式サイトで3本セットを購入するのが最安値です。

1本の量は50gとすごく多いわけではないので、兄弟で使う場合や外に出る頻度が高い方は3本セットでも使い切れると思います。

1本1,980円で購入できるのは公式サイトだけ!
>>anonebaby公式サイトを確認する

とはいえ、安さよりも1本まずは試してみたい、という方は使い慣れているECショップで購入するのがおすすめです。

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止めに関するよくある質問

anonebaby(アノネベビー)日焼け止めに関するよくある質問をまとめました。

anonebabyの日焼け止めはいつから使える?

生後1ヶ月の初めてのお外デビューから使用できます。

anonebabyの日焼け止めは本当にお湯で落ちる?

お湯だけで十分に落ちます。

日焼け止めが落ちづらいとされているのは、紫外線吸収剤が原因だと言われています。

anone babyトータルアウトドアUVは、落ちにくい紫外線吸収剤や肌の奥に入り込むナノ化成分を使用していないので、ぬるま湯でやさしくなでてあげるだけでしっかり落とすことができます。

anonebaby(アノネベビー)の日焼け止め使用レビューまとめ

anonebabyの日焼け止めを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを再掲します。

メリット
デメリット
  • サイズ感・形状が使いやすい
  • 紫外線吸収剤が使われていない
  • 白浮きしにくい
  • 匂いがキツくない
  • 液がたれないので塗りやすい
  • 伸びが少し悪い
  • 価格が高い

赤ちゃんの安心かつ、1本で紫外線や虫除け、乾燥、大気の汚れから赤ちゃんを守ってくれるトータルアウトドアUVは市販品ではなかなかありません。

安心できる原料でできたanonebabyで、小さいうちから肌を守ってあげるのがおすすめです!

1本1,980円で購入できるのは公式サイトだけ!
>>anonebaby公式サイトを確認する

ベビーローションを14個使ってみたレビューはこちら
ベビーローション・クリームおすすめ14選!赤ちゃん用保湿剤のレビュー・口コミまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次