アポロンにSサイズが登場!従来のアポロンとの比較、買いなのはどっち?

2021年末にOgawaから「アポロンS」が発売されるとの発表がありました。

困った恐竜

Sサイズっていうことは結構小さいのかな?通常サイズとは何が違うんやろ?

本記事では、そんな疑問を解決するべく、【アポロンS /アポロン従来サイズ/アポロンT/C】のスペック比較をしてみました!

結論、アポロンSは従来のアポロンと性能・造形は同じのまま小さく・やすくなったため、剛健性が欲しいデュオキャンパーなどにおすすめ!

ファミリーキャンプ

筆者情報

  • ファミリーキャンパー
  • 夫婦+4歳息子+0歳息子
  • 年間10回以上宿泊
  • ogawaアポロン所有
目次

アポロン従来サイズ・Sサイズ・T/Cのスペック比較

まずは、アポロン従来サイズ・Sサイズ・T/Cのスペック比較しやすいように一覧にしてみました。


アポロンS

アポロン

従来サイズ

アポロンT/C

素材フライ:
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:
ポリエステル68d
グランドシート:
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:

ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
ポール:
6061アルミ合金φ16mm、φ14.5mm、φ13mm
フライ:
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:
ポリエステル68d
グランドシート:
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:

ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
メインポール:
アルミ合金φ19mm×2、アルミφ17.5mm×2
リッジポール:

アルミ合金φ14.5mm×3
フライ:
T/C(耐水圧350mm)
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ルーフフライ:
ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
フレーム:
6061アルミ合金φ19mm、φ14.5mm
重量フライ:約6.0kg
ルーフフライ:約0.6kg
インナーテント:約2.0kg
ポール:約4.6kg
総重量(付属品除く):15.95kg
フライ:約10.7kg
ルーフフライ:約1.2kg
インナーテント:約3.2kg
ポール:約7.9kg
総重量(付属品除く):23kg
フライ:約15.7kg
ルーフフライ:約1.2kg
ポール:約8.1kg
付属品重量:約4.35kg
総重量:29kg
サイズ
収納サイズ70x32x32cm80x45x35cm80×36×45cm
付属品 張り綱1.5m×6本・3m×10本、アイアンハンマー1丁、
 スチールピン25cm×22本、収納袋
張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
※インナーテントはオプション(別売り)
定価(税込)121,000円159,500円162,800円
販売先詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アポロンSと従来のアポロンとの違いは?

上記の表の通り、アポロンSと従来のアポロンのいは、サイズと色味でした。

耐水圧などの性能は全く同じでサイズ感の違いに伴ってポールサイズ・重量が変わっているようです。

全面フルメッシュや剛健性といったアポロンの要素は欲しいけど、デュオやソロでちょっと大きいし重いんだよな〜と思っていた方にはぴったりなのではないでしょうか。

我が家は通常サイズのアポロンを2020年に購入して使っていますが、アポロンの性能はめちゃくちゃよくってお気に入りのテントです。

⇧比較表に戻る

アポロンSはどこで買える?

アポロンSは2022年3月4日現在、楽天・Amazonにて発売中です。

大人気のため、公式オンラインの初回分はすでに売り切れているので、検討されている方はお早めに購入してくださいね!

参考:小川アポロンを安く買う方法は?楽天でポイント駆使が正解!

⇧比較表に戻る

まとめ:アポロンSとの違いはサイズ感と色味!

2018年から発売されている従来サイズのアポロンからサイズが小さくなったアポロンSが発売されました。

フルメッシュ・性能・剛健性などは通常版そのままで、サイズ感のみ小さくなったことで価格・重量ともに手を出しやすくなったのではないでしょうか。

アポロンは初心者でも建てやすく夏でも冬でも快適なテントですのでぜひ検討してみてくださいね♩

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
トップ
目次
閉じる