【夏の暑さ対策】ファミリーキャンパーが夏キャンプに必要な道具5つ選んでみた「もはや必須」

笑顔な恐竜

こんにちは、なるです♩

キャンプってめちゃくちゃ楽しいですよね!

でも、子連れだと夏の暑い日や冬の寒い日のキャンプって結構苦痛。。

我が家は6月からファミリーキャンプデビューをして、こんな暑いの?と速攻心が折れました。(もちろん、楽しいんだけど)

この記事では、より快適に夏キャンプを楽しむための、暑さ対策に必須アイテムをママ目線でご紹介します♩

・夏にファミリーキャンプに行くときにあったらいいもの
・暑さ対策を知りたい
・子連れで夏のキャンプに乗り切れるかどうか

この記事を書いている人

ファミリーキャンパーとして、夫婦+息子(3歳)でデビュー。宿泊キャンプ、デイキャンプと様々なキャンプを楽しんできました♩

ファミリーキャンプの軌跡の一部

>>我が家がファミリーキャンプデビューするまでに買ったもの大公開!

目次

ファミリーキャンパー、夏キャンプの暑さ対策に必要なもの5つ

子連れの夏キャンプは思っているより過酷。

高原キャンプなどではない限り、暑さがもう異常です。

慣れていない方なら、それは「もう行きたくない」と思いかねないほど。

前提として、何不自由ないキャンプデビューを果たすベストなタイミングは「4月あるいは10月頃の晴れた日のみ」だと思ってます。

それ以外の時期は暑いか、寒いかなど、何かしらの障害があります・・(だってキャンプだもの)

ですが、きちんと対策を行っていれば、楽しいファミリーキャンプになることもまた体験済みですのでご安心ください♩

早速、我が家が夏のファミリーキャンプをする上で、暑さ対策として絶対に持っていくグッズをご紹介します。

夏キャンプの必須アイテム

  1. ポータブル電源:PowerArQ2
  2. サーキュレーター:アイリスオーヤマ
  3. メッシュ対応可能なテント:ogawa アポロン
  4. 保温性抜群の大容量水筒:スタンレー
  5. 虫除け対策:森林香

ひとつひとつご説明していきますので、暑さ対策の参考にしてくださいね♩

①:ポータブル電源「PowerArQ2」

powerarq2
PowerArq2

我が家が使っているのは、PowerArq2という大容量のポータブル電源。

夏キャンプにポータブル電源は必須かなと思ってます!

キャンプに役立つことはもちろん、ライトになったり、電子機器の充電(AC電源(コンセント)の充電も電圧によってはOK)もこなせるので、防災として1つおうちにおいておくという意味でも持っておいて損はないかと思います。

我が家の夏キャンプは、次にご紹介するサーキュレーターと一緒に使うことが多いです♩(冬は電気毛布とともに)

大容量のポータブル電源なので、サーキュレーターを夜中ずっと回していても大丈夫。

一泊程度なら容量を気にする必要はないでしょう。

アポロンテント

デメリットとしては、何と言っても重いことと、ポータブル機器とはいえ電子機器ですので、持ち運びに気を使うことかと思います。

今回はファミリーキャンプで車で行くことを前提としてますので、デメリットをカバーできると捉え、必須アイテムに入れています。

もちろん、サーキュレーターを使う以外にも携帯やライト類の充電などこれ1つでなんでもこなせます。

②:サーキュレーター「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマのサーキュレーター8畳用

ポータブル電源とセットで使いたいのがサーキュレーター

我が家は、アイリスオーヤマの8畳用のものを使用しています。

3年前に購入したため、我が家のものは現在は販売されていませんので、後継種(8畳用)を掲載しておきます↓↓

困った恐竜

なぜサーキュレーター?扇風機でもいいのでは?

▶︎ サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーター
扇風機
  • 空気を循環させる=風力が強く、風が届く距離が遠い
  • 人が涼をとるもの=人体に影響がない範囲の風量で風が届く距離が近い

外で使うため、風力は大きい方がいいですよね。

また、夜寝るときにテント内に空気がこもらないように循環させるという意味でもサーキュレーターの方が適していると言えます。

サーキュレータでテント内の空気を循環
サーキュレーターで空気を循環

子供は体温が高いので、一緒に寝るとテント内がムワッとなり正直寝苦しいですが、サーキュレーターを回しておくと万事解決♩

笑顔な恐竜

夜寝るのが快適だと、次の日の疲れ持ち越し度合いが劇的に変わる!

③:メッシュ対応可能なテント「ogawa アポロン」

アポロン フルメッシュ
アポロンをフルメッシュにした状態

我が家のテントはogawaのツールームテント「アポロン」を使用しています。

夏キャンプで使う、ogawaのアポロンのメリットとして、全面メッシュになることだと思います。

夏は暑いことはさることながら、虫も多いですよね。

かといってテント内に閉じこもっているだけではせっかくキャンプに来たのに勿体無い。

フルメッシュにすることで、日差しの暑さと虫を避けながら、外の風を感じることができますよ♩

アポロン跳ね上げ
アポロンのサイドをポールで跳ね上げ

また、別売りのポールを使用すればサイドの跳ね上げも可能です!

影部分が広くなって、調理するときも暑くなく快適ですよ♩

④:保温性抜群の大容量水筒「スタンレー1.9L」

スタンレー1.9Lは保温性抜群
目が点な恐竜

夏は冷えた飲み物を、外でぐぐっと飲みたい!

スタンレーは保温力・保冷力抜群すぎ水筒なので、朝、氷を入れて持っていくと次の日の夜まで氷がキンキンの状態。

困った恐竜

クーラーボックスに飲み物を冷やして持っていけばいいのでは?

大きいペットボトルのジュースやお茶・水を入れるとクーラーボックスがすぐにパンパンになりますよね。

かといって凍らしていくと、飲みたいときに凍ってて飲めないジレンマ・・・

我が家は、夏はたくさん水分補給をしたいので、大きいペットボトルは常温で持っていき、コップに氷を入れて飲むようにしています。

スタンレーに氷を入れて、お茶は常温で持っていきます
晩御飯のカレーと冷たいお茶

飲み物がしっかり冷たいだけで、身体が冷えて暑い夏にめちゃくちゃ気持ちいいですよ〜♩

⑤:虫除け対策「森林香」

森林香はキャンプに必須

暑さ対策に加えて、虫対策も夏キャンプには必須!

大事なお子さんを蚊やアブの脅威から守りましょう。

肌に塗布するタイプの虫除け対策も必要ですが同時に、抜本的にテントを守る対策が必要です。

目が点な恐竜

キャンプに行くんだから虫の1匹や2匹いるでしょ〜

と、軽い考えのあなた。

思っている以上に虫刺されは痒いし、痛いし、場合によっては数日歩けなくなるくらいまで腫れ上がることもあります

虫対策はやりすぎかなと思うくらいがちょうどいいと思った方がいいかもしれません。

我が家が使っているオススメの虫除け

普通のよくある蚊取り線香より、この森林香はかなり太巻きです。いかにも効果ありそう。

そして、蚊取り線香は、キャンプでは効かないと思ってもらった方がいいと思います。

風もありますし、蚊取り線香だけではアブ対策はできないからです。

いろんな虫に効果を感じましたので、我が家は森林香を常時テントの出口にたくようにしています

あからさまに虫が逃げ帰っていく様を見るのは面白いですよ。笑

まとめ:夏キャンプはきちんと暑さ・虫対策をして楽しもう♩

毎年毎年、暑さはどんどん増すばかり。

でも夏キャンプを避けるのももったいない!

おすすめグッズ5選

  1. ポータブル電源:PowerArQ2
  2. サーキュレーター:アイリスオーヤマ
  3. メッシュ対応可能なテント:ogawa アポロン
  4. 保温性抜群の大容量水筒:スタンレー
  5. 虫除け対策:森林香

しかるべき暑さ対策をきちんとしていけば、お子様づれでも十分ファミリーキャンプを楽しむことができますよ♩

よかったらポチッとお願いします♩

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる